表参道徒歩0分。結膜炎、ものもらい、ドライアイなどの診断・治療。白内障・緑内障検診。

巣鴨の眼科
すがも眼科クリニック

診察内容

■ 眼科一般
■ 緑内障、白内障検査
■ 結膜炎、ものもらい
■ ドライアイなどの診断・治療
■ 小児眼科検査一般(視能訓練士常勤)
■ 眼鏡処方、コンタクトレンズ処方・相談
■ 網膜レーザー治療
治療できない病気に関しては、適切な病院へご紹介いたします。
もどる

院長 工藤昌之

院長 工藤昌之 日本眼科学会認定眼科専門医
医学博士
もどる

スケジュール

日・祝
10:00〜13:00
15:00〜18:00
休診日:日曜日・祝祭日
月曜日の午後と水曜日は松澤亜紀子医師
火曜日は内匠哲朗医師の診察日になります。
もどる

アクセス

エイジービル 2F 工藤眼科クリニック
〒107-0062
東京都港区南青山3-18-17 エイジービル 2F
TEL:03-3470-5761
GgoogleMapで見る
銀座線、千代田線、半蔵門線
表参道駅 A4出口を出て右側すぐ
もどる

ニュース

もどる

目の病気について

疲れやすい

疲れ眼とは、一時的な目の疲れをいい、一晩ゆっくり眠って目を休ませると、 目の疲れは回復します。 眼精疲労とは、十分に睡眠をとるなど目を休ませても疲れが取れず、目の痛みや 頭痛をおこしたり、かすんで見えたり、回復しても再びすぐに目の疲れがでてきたりするものです。

眼精疲労の原因としては、

  1. 近視、遠視、乱視不同視などの屈折異常や、老視などの調節異常
  2. ドライアイ
  3. パソコン等の使用によるいわゆるVDT症候群
  4. 体調や精神的はストレスによるもの など、さまざまです。

1については、めがね、コンタクトレンズの適切な処方で改善する可能性があります。
2については、ヒアルロン酸の点眼などで乾燥を防ぐのが効果的です。
3, 4については生活習慣の改善が第一ですが、ビタミン剤や調節麻痺剤等の点眼も効果的です。

痛い・ごろごろする・赤い・じゅうけつする

充血を伴うことが多い、目の痛み、違和感の原因としては、

  1. 結膜の障害(結膜炎
  2. 角膜の障害(角膜びらん、角膜炎、角膜潰瘍
  3. まぶたの炎症(眼瞼炎麦粒腫急性霰粒腫
  4. 逆さまつげによる、結膜、角膜の障害
  5. その他、ぶどう膜の炎症急性緑内障発作などで眼圧が上昇している場合には吐き気を伴う場合もあります。

目の奥が痛くなる原因としては、
1. 眼精疲労

痛み、違和感のないのに目が赤い

目やにが多い

1. 結膜の障害(結膜炎
2. 角膜の障害(角膜びらん、角膜炎

かゆい

1. 結膜炎(特にアレルギー性結膜炎、春季カタル、アトピー性角結膜炎)
2. 眼瞼炎

乾く

まぶたが腫れる

1. まぶたの炎症(眼瞼炎麦粒腫急性霰粒腫
2. 結膜炎

見えにくい、かすむ

見えにくい、かすむといった症状がある場合には、


  1. ピントがうまく合わない近視、遠視、乱視などの屈折異常
  2. 年をとって調節力が低下する老視
  3. 視機能の発達がなんらかの異常でさまたげられてしまった弱視
  4. 目の使いすぎによって、一時的に近視がすすんだ調節緊張
  5. 水晶体が濁ってしまった白内障
  6. 視野がせまくなる緑内障
  7. 網膜はく離糖尿病網膜症などの網膜硝子体の病気
  8. 視神経炎など視神経の病気
  9. 虹彩、毛様体、脈絡膜の炎症であるぶどう膜炎

その他いろいろな病気の可能性があります。めがねを調整すればよいもの、点眼治療のできるものから、緊急手術の必要なものまでさまざまな病気が考えられますので、できるだけ早く眼科を受診してください。

まぶしい

角膜炎、角膜潰瘍白内障ぶどう膜炎

まぶしさを感じる場合には、充血、目やにを伴う角膜炎、角膜潰瘍など角膜の病気、充血を伴って、視力も低下するぶどう膜炎などがあります。また、初期の白内障では視力が低下するまえにまぶしさを感じることもあります。

黒いものが見える

網膜はく離や眼底出血などの網膜硝子体の病気 飛蚊症

飛蚊症とは、明るいところや、白い壁、空などを見たときに目の前で虫や糸くずのようなものが飛んでいるようにみえる場合です。目を動かしても一緒に動いたりして消えません。網膜裂孔や網膜はく離、眼底出血、ぶどう膜炎による硝子体混濁などの可能性があります。これらはいずれも早期の治療が必要になりますので、飛蚊症がでてきたり増えたりした場合にはできるだけ早く眼科を受診してください。

近視、遠視、乱視、不同視などの屈折異常

近視は、屈折力が強すぎ網膜の手前で焦点が合ってしまい、近くは見えますが遠くはぼやけてしまいます。遠視は、 屈折力が弱すぎて網膜の後ろで焦点が合ってしまい、近くも遠くもぼやけてしまいます。乱視は、角膜の形状が楕円等にひずんでいるため、 目の縦と横等の屈折度が異なる結果、焦点がどこにも合わず、遠視以上に目が疲れやすいといわれています。 また、乱視は近視や遠視の目にも起こります。 不同視は、左右の視力、例えば右の視力が1.0で、左の視力が0.1というように、両目 の屈折度数に大きな差があることをいいます。 屈折異常は、裸眼で不自由であれば、 眼鏡やコンタクトレンズで矯正します。当院では希望者に眼鏡処方箋、コンタクトレ ンズ処方箋を発行しており、いずれの販売店でもご利用になれます。

不同視

不同視は、左右の視力、例えば右の視力が1.0で、左の視力が0.1というように、両目の屈折度数に大きな差があることをいいます。

老視(老眼)

老視(老眼)とは、目の老化現象のことです。加齢に伴い、目の水晶体の弾力性が低下したり、水晶体を支える毛様体筋が衰え、その結果ピントを合わせる調節機能が低下、近くにピントを合わせにくくなった(近くが見づらくなった)状態をいいます。近くのものが見えにくくなるので、本や新聞を遠くに離して読んでしまいます。また、読書後に肩こりや疲れ目、頭痛などの症状が出る場合も老視(老眼)の初期症状と考えられます。

ドライアイ

涙の量が少ない、あるいは涙の油分が足りないなどで、目が乾いて、ごろごろする、充血する、眼が疲れるといった症状が出てきます。これを乾性角結膜症とよびます。 重症の場合は、視力が低下したり、目が痛くなることもありますので、早めの治療がおすすめです。

VDT症候群

VDT症候群とは、パソコン、ワープロ、テレビゲームなどの端末であるVDT(Visual Display Terminal)を用いた長時間作業により、目・体・心などに影響のでる病気で、別名テクノストレス眼症とも呼ばれています。画面を集中して見続けるため、まばたきの回数が約1/4に減り、目が乾燥し、目に負担がかかります。また、長時間同じ姿勢をとり続けるので、首、肩、腕などの痛みがでてきます。

結膜炎・おもな結膜炎の種類

1. ウイルス性結膜炎(はやり目)
ウイルスが原因。激しい充血とめやに、痛み、涙が特徴です。他人にうつさないように、手はきれいに洗う、目を触らない、タオルは家族と別にする、幼稚園・学校や仕事は休むなどの対策が必要です。抗生剤やステロイドの点眼で治療します。

2. 細菌性結膜炎
ぶどう球菌などの細菌が原因。抗生剤の点眼で治療します。

3. アレルギー性結膜炎
花粉やハウスダスト、ペットの毛、コンタクトレンズの汚れ等が原因。抗生剤、抗アレルギー剤、ステロイドの点眼等で治療します。

4. アトピー性角結膜炎
アトピー性皮膚炎に合併して起こる慢性角結膜炎です。目のかゆみ、充血、目やにといった症状はアレルギー性結膜炎と同様ですが、角膜にも炎症をおこしたり、白内障や緑内障、網膜はく離を合併して重度の視力低下をおこすことがありますので、要注意です。

5. 乾性角結膜炎
乾燥が原因でおこる結膜、角膜の障害です。人工涙液やヒアルロン酸の点眼治療を行います。

6. その他、外来の異物や紫外線等によっても結膜炎はおこります。

角膜の障害(角膜炎・角膜びらん・角膜潰瘍)

角膜(黒目の部分)の障害は、けがなどの外傷や、コンタクトレンズの不適切な使用、細菌やウイルスの感染、ドライアイによる乾燥、その他さまざまな原因でおこります。程度にもよりますが、目の痛み、充血、目やにや涙、視力低下などをおこします。角膜混濁を起こして、治癒後も視力障害が残ってしまうと、角膜移植が必要になる場合もありますので、早期の治療が大切です。

眼瞼炎

眼瞼炎は、まぶたや目の周りの皮膚が腫れて赤くなったり、ただれてかゆくなったり、かさぶたなどを生じたりします。

ものもらい(麦粒腫)

まぶたの一部が赤くはれ、痛みがでます。はじめは赤みが目立たない場合もありますが、指で押さえると痛むところがあります。広がるとまぶた全体がはれてきたり、目やに、充血もでてきます。さらに、まぶたの皮膚側、あるいは内側にうみがたまり、やぶれてうみが出てくる場合もあります。皮膚側の場合を外麦粒腫、内側の場合を内麦粒腫と呼んだりします

霰粒腫

まぶたにころころとしたしこりができます。これは、脂肪のようなものが炎症により腫瘤となってたまったものです。さらに細菌感染を伴う場合は、ものもらいと同じように、赤くなり、痛みがでます。これを急性霰粒腫と呼んでいます。

ぶどう膜炎

眼球は、3層の膜でつくられていますが、真ん中の膜がふどうの色、形をしているためにぶどう膜と呼ばれています。ぶどう膜は、虹彩、毛様体、脈絡膜と呼ばれる部分からできていますが、そこにおきる炎症がぶどう膜炎です。目が赤い、痛い、まぶしい、涙がでる、見づらい、かすんで見えるといった症状が、ぶどう膜炎の自覚症状になります。ぶどう膜炎には重症のものも多く、失明する可能性も高いので、これらの症状がでたらすぐに眼科を受診することが大切です。

緑内障

ヒトがものを見るときには、まず、外から目の中に入ってきた画像情報が、視神経とよばれる神経を通して脳に送られます。そして、脳がその画像情報を組み立てて認識し、私たちははじめてものが見えたと感じるのです。 緑内障では、その情報を伝達している視神経に異常が起こり、眼からの情報を正確に伝えられず、脳で画像をうまく組み立てることができなくなります。その結果、視力や視野に障害がおこります。緑内障のなかでも急激に眼圧が上昇し、眼の充血や痛みや、頭痛、吐き気など激しい症状を起こすものを急性緑内障とよびます。急性緑内障では、時間がたつほど視力、視野が失われていき、治りにくくなるので、すぐに治療を行い、眼圧を下げる必要があります。

結膜下出血

突然目が真っ赤になりますが、痛みや違和感、めやになどはあまりありません。人に指摘されて気づくことも多いです。

弱視

弱視は、視力が低下した状態ですが、何らかの病変があって起きている場合と、ただ視力が低い状態をいう場合があります。医学的には、特別な病変がない低視力の状態を弱視と呼んでいます。

網膜はく離

網膜剥離の多くは、網膜に穴が開いてしまい(網膜裂孔)、そこに硝子体の組織が入り込んで網膜が離れてしまうものです。網膜剥離の初期症状としてよくあるのが飛蚊症です。また、目を閉じると端のほうに光が走る光視症も網膜剥離の初期症状として現れることがあります。やがて剥離部位が網膜全体に広がると、視野の欠け、そして急激な視力低下、失明にいたることもあります。飛蚊症や、視野が狭いと感じたら、すぐに眼科を受診することが大切です。

視神経炎

視神経炎は、視神経(網膜に映った物の形や色、光などの情報を脳神経細胞に伝達する神経)が障害される病気です。視神経の炎症によるものを視神経炎、炎症性でないものを視神経症と区別します。 急激に視力が低下し、視野の真ん中の、見ようとするものが 見えにくくなる中心暗点が起こります。

白内障とは?

白内障ってどんな病気?
ピントを合わせるためのレンズの役割を持つ水晶体が濁り、視界がかすんだり光のまぶしさが増すなどの症状が出る病気。発症の原因としては加齢が最も多く、早い人では40歳位から発症することもあります。水晶体の濁りは少しずつゆっくり進んでいきますが、一度濁った水晶体は元通り透明にはなりません。

どんな症状が出たら診察を受けるべき?
視界がかすんだり光をいつも以上に眩しく感じたら診察の合図。すぐに診察を受けるようにしましょう。また、上記のような症状がなくても40歳を超えたら診察を受けてください。早めの診察で合併症などの多くのリスクを回避することができます。

どんな治療をするの?
屋外で長時間太陽を浴びたり、ストレスを避けるとともにビタミンCやグルタチオンなど抗酸化物質の摂取が大切です。 視力の低下が激しい場合、進行した白内障が認められた、有効な治療法は手術のみで、 濁った水晶体を吸い出して人工のレンズを挿入します。 今おこなわれている最も一般的な手術の方法は、水晶体超音波乳化吸引術および眼内 レンズ挿入術といい、特殊な超音波の器械で水晶体を細かく砕き、そこに眼内レンズ という小さなプラスチックのレンズを埋め込みます。 症状にもよりますが手術に要する時間は15~30分程度となっています。

眼内レンズって?
大きさは直径6ミリくらいの小さなプラスチックレンズで、両端にある3ミリ程度の固定具により支えます。眼内レンズはコンタクトレンズのように古くなって交換したりすることはめったになく、異物感を感じることもなく、レンズが入っていることは外からは全く分かりません。

術後は?
良く見えるようになったのに、しばらくしてからまたかすんでくることがあります。この原因のひとつは後発白内障というもので、、眼内レンズが埋め込んである袋が時間経過により濁ってしまうことをいいます。発症時期はまちまちで、早い人は半年くらい、遅い人は5年程たっても発症しません。

緑内障とは?

緑内障ってどんな病気?
視神経がおかされ視野が欠けてしまう病気。白内障と並んで中高年の代表的な眼の病気で、最近の大規模な調査では、中高年の20人に1人が何らかの緑内障をもっていることが予測されています。自覚症状が少ないため、多くの人たちが緑内障と気づかないことが多く、40歳を過ぎたら一度眼科で診察をうけることをおすすめします。

緑内障ってどうするとなるの?
目の中の房水(目に栄養を運ぶ液体)が排水されにくい、または排水されない状態になり眼球中の圧力(眼圧)が高くなることで視神経が損傷することで発症します。また、眼圧が正常であっても緑内障がおこる場合もあります。40歳以上の約30人に1人が発症し、「眼の成人病」とも言われます。

どんな症状が出たら診察を受けるべき?
目の疲れ、視野狭窄、頭痛や、眼球を重く感じたり、目の痛みや電灯の周りに虹のような輪がみえる(虹視症)場合はすぐに診察を受けることをおすすめします。

どんな検査をするの?
まず視力、眼圧を測定するとともに眼底の視神経の観察を行います。また視野検査も必須です。更に隅角といって、房水の流出路を観察し視神経への影響を調べます。

どんな治療をするの?
原則的には点眼薬でおこない、それでも思わしい効果が得られない場合手術治療をおこないます。

糖尿病網膜症とは?

糖尿病網膜症ってどんな病気?
糖尿病は、血液中の糖分(血糖)が多くなり(高血糖)、その結果、全身の血管や神経がしだいにおかされ、目や腎臓をはじめ、全身のいたるところが障害される病気です。糖尿病が怖い病気といわれている理由は種々の合併症にあります。そのなかでも、三大合併症として最も恐れられているのが、「腎症」「神経障害」、そして「網膜症」です。網膜症は、網膜に障害が起こり、場合によっては失明することもある怖い病気です。初期は自覚症状が乏しいため、気がつかないうちに病気が進行してしまい、ある日突然、眼底に大出血や網膜剥離を起こして、失明の危機にさらされることがあります。

なぜ糖尿病網膜症になるの?
糖尿病で高血糖状態が続くと、まず全身の細い血管に障害が起こります。糖尿病になると、目や腎臓に障害が起こりやすい理由は、目や腎臓には細い血管がたくさんあるためです。 網膜には、目に酸素を運ぶための細い血管が縦横に走っていますが、血中のブドウ糖が多くなると、網膜の毛細血管に異常を来して、血管に瘤(こぶ)ができたり、詰まったりして、血液の流れが悪くなります。 そうなると、網膜が酸素欠乏状態となるために、血管がもろくなり、血管壁から血液中の成分が漏れ出したり、血管が破れやすくなったりします。 さらに進行すると、広い範囲で血管が詰まったり、異常な血管が発生するなどの変化も起こってきます。このような血管の異常によって、網膜にさまざまな障害が起こるのです。

どんな治療をするの?その1
網膜症が軽い段階であれば、次のような治療で、進行を抑えることができます。

・血糖コントロール
単純網膜症で、視力が良好な段階であれば、食事療法、運動療法、薬物療法などにより、血糖値をコントロールすることで病変の悪化を防ぐことができます。血糖値を安定した状態に保つことができれば、小さな出血などは自然に消えることもあります。もちろん、ほかの治療を行う場合でも、血糖コントロールは継続することが必要です。

・光凝固(レーザー治療)
単純網膜症でも視力の低下がみられる場合、あるいは前増殖網膜症の段階になると、レーザーで網膜を焼く「光凝固(ひかりぎょうこ)」を行います。外来で行いますが、片方の目で約1000~1200か所を凝固させるので、数回の通院が必要です。ただし、点眼麻酔を行うので痛みはありません。

どんな治療をするの?その2
症状が進行してしまった場合は、手術が必要になります。

・硝子体手術
硝子体の中で大出血が起こったり、網膜の表面に増殖膜ができたときは、「硝子体手術」が必要になります。この治療法のおかげで、最近では高い確率で網膜剥離も治せるようになりました。しかし、長く剥離したままにしておくと、網膜の神経組織が傷んでしまうため、剥離が治っても視力回復は不十分なことがあります。硝子体手術は、眼科手術のなかでも高度な技術が必要とされるうえに、特殊な機器が必要です。そのため、すべての医療機関で行えるというわけではありません。

早い段階で網膜症を発見できれば、治療もそれだけ簡単に済みますので、治療の効果も上がります。どの病気にもいえることですが、 早期発見・早期治療が糖尿病網膜症では何よりも大切です。

飛蚊症とは?

飛蚊症って何?
ある日突然に、あるいは、いつの間にか目の前に蚊やゴミのような物が飛んで見えたり、雲のようなものが浮いて見えたり、墨を流したように見えたりする病気です。飛蚊症は、あらゆる年齢層に起こりますが、高齢の方ほど、特に近視の人ほど多く見られます。このような症状がでたら、早めに眼科専門医の検査を受けてください。

どんな検査をするの?
網膜・硝子体の状態を観察するため、眼底検査を行います。すみずみまで観察するため、瞳を大きくする目薬(散瞳剤)を用います。検査後はしばらくの間、ものが見えずらくなりますので車や自転車での来院は控えて下さい。

もどる

Q&A

緑内障ってどんな病気?

視神経がおかされ視野が欠けてしまう病気。白内障と並んで中高年の代表的な眼の病気で、最近の大規模な調査では、中高年の20人に1人が何らかの緑内障をもっていることが予測されています。自覚症状が少ないため、多くの人たちが緑内障と気づかないことが多く、40歳を過ぎたら一度眼科で診察をうけることをおすすめします。

緑内障ってどうするとなるの?

目の中の房水(目に栄養を運ぶ液体)が排水されにくい、または排水されない状態になり眼球中の圧力(眼圧)が高くなることで視神経が損傷することで発症します。また、眼圧が正常であっても緑内障がおこる場合もあります。40歳以上の約30人に1人が発症し、「眼の成人病」とも言われます。

どんな症状が出たら診察を受けるべき?

目の疲れ、視野狭窄、頭痛や、眼球を重く感じたり、目の痛みや電灯の周りに虹のような輪がみえる(虹視症)場合はすぐに診察を受けることをおすすめします。

どんな検査をするの?

まず視力、眼圧を測定するとともに眼底の視神経の観察を行います。また視野検査も必須です。更に隅角といって、房水の流出路を観察し視神経への影響を調べます。

どんな治療をするの?

原則的には点眼薬でおこない、それでも思わしい効果が得られない場合手術治療をおこないます。

白内障ってどんな病気?

ピントを合わせるためのレンズの役割を持つ水晶体が濁り、視界がかすんだり光のまぶしさが増すなどの症状が出る病気。発症の原因としては加齢が最も多く、早い人では40歳位から発症することもあります。水晶体の濁りは少しずつゆっくり進んでいきますが、一度濁った水晶体は元通り透明にはなりません。

どんな症状が出たら診察を受けるべき?

視界がかすんだり光をいつも以上に眩しく感じたら診察の合図。すぐに診察を受けるようにしましょう。また、上記のような症状がなくても40歳を超えたら診察を受けてください。早めの診察で合併症などの多くのリスクを回避することができます。

どんな治療をするの?

屋外で長時間太陽を浴びたり、ストレスを避けるとともにビタミンCやグルタチオンなど抗酸化物質の摂取が大切です。 視力の低下が激しい場合、進行した白内障が認められた、有効な治療法は手術のみで、 濁った水晶体を吸い出して人工のレンズを挿入します。 今おこなわれている最も一般的な手術の方法は、水晶体超音波乳化吸引術および眼内 レンズ挿入術といい、特殊な超音波の器械で水晶体を細かく砕き、そこに眼内レンズ という小さなプラスチックのレンズを埋め込みます。 症状にもよりますが手術に要する時間は15~30分程度となっています。

眼内レンズって?

大きさは直径6ミリくらいの小さなプラスチックレンズで、両端にある3ミリ程度の固定具により支えます。眼内レンズはコンタクトレンズのように古くなって交換したりすることはめったになく、異物感を感じることもなく、レンズが入っていることは外からは全く分かりません。

術後は?

良く見えるようになったのに、しばらくしてからまたかすんでくることがあります。この原因のひとつは後発白内障というもので、、眼内レンズが埋め込んである袋が時間経過により濁ってしまうことをいいます。発症時期はまちまちで、早い人は半年くらい、遅い人は5年程たっても発症しません。

飛蚊症って何?

ある日突然に、あるいは、いつの間にか目の前に蚊やゴミのような物が飛んで見えたり、雲のようなものが浮いて見えたり、墨を流したように見えたりする病気です。飛蚊症は、あらゆる年齢層に起こりますが、高齢の方ほど、特に近視の人ほど多く見られます。このような症状がでたら、早めに眼科専門医の検査を受けてください。

どんな検査をするの?

網膜・硝子体の状態を観察するため、眼底検査を行います。すみずみまで観察するため、瞳を大きくする目薬(散瞳剤)を用います。検査後はしばらくの間、ものが見えずらくなりますので車や自転車での来院は控えて下さい。

糖尿病網膜症ってどんな病気?

糖尿病は、血液中の糖分(血糖)が多くなり(高血糖)、その結果、全身の血管や神経がしだいにおかされ、目や腎臓をはじめ、全身のいたるところが障害される病気です。糖尿病が怖い病気といわれている理由は種々の合併症にあります。そのなかでも、三大合併症として最も恐れられているのが、「腎症」「神経障害」、そして「網膜症」です。網膜症は、網膜に障害が起こり、場合によっては失明することもある怖い病気です。初期は自覚症状が乏しいため、気がつかないうちに病気が進行してしまい、ある日突然、眼底に大出血や網膜剥離を起こして、失明の危機にさらされることがあります。

なぜ糖尿病網膜症になるの?

糖尿病で高血糖状態が続くと、まず全身の細い血管に障害が起こります。糖尿病になると、目や腎臓に障害が起こりやすい理由は、目や腎臓には細い血管がたくさんあるためです。 網膜には、目に酸素を運ぶための細い血管が縦横に走っていますが、血中のブドウ糖が多くなると、網膜の毛細血管に異常を来して、血管に瘤(こぶ)ができたり、詰まったりして、血液の流れが悪くなります。 そうなると、網膜が酸素欠乏状態となるために、血管がもろくなり、血管壁から血液中の成分が漏れ出したり、血管が破れやすくなったりします。 さらに進行すると、広い範囲で血管が詰まったり、異常な血管が発生するなどの変化も起こってきます。このような血管の異常によって、網膜にさまざまな障害が起こるのです。

どんな治療をするの?その1

網膜症が軽い段階であれば、次のような治療で、進行を抑えることができます。

・血糖コントロール
単純網膜症で、視力が良好な段階であれば、食事療法、運動療法、薬物療法などにより、血糖値をコントロールすることで病変の悪化を防ぐことができます。血糖値を安定した状態に保つことができれば、小さな出血などは自然に消えることもあります。もちろん、ほかの治療を行う場合でも、血糖コントロールは継続することが必要です。

・光凝固(レーザー治療)
単純網膜症でも視力の低下がみられる場合、あるいは前増殖網膜症の段階になると、レーザーで網膜を焼く「光凝固(ひかりぎょうこ)」を行います。外来で行いますが、片方の目で約1000~1200か所を凝固させるので、数回の通院が必要です。ただし、点眼麻酔を行うので痛みはありません。

どんな治療をするの?その2

症状が進行してしまった場合は、手術が必要になります。

・硝子体手術
硝子体の中で大出血が起こったり、網膜の表面に増殖膜ができたときは、「硝子体手術」が必要になります。この治療法のおかげで、最近では高い確率で網膜剥離も治せるようになりました。しかし、長く剥離したままにしておくと、網膜の神経組織が傷んでしまうため、剥離が治っても視力回復は不十分なことがあります。硝子体手術は、眼科手術のなかでも高度な技術が必要とされるうえに、特殊な機器が必要です。そのため、すべての医療機関で行えるというわけではありません。

早い段階で網膜症を発見できれば、治療もそれだけ簡単に済みますので、治療の効果も上がります。どの病気にもいえることですが、 早期発見・早期治療が糖尿病網膜症では何よりも大切です。

どうしてものが見えるの?

最近、目が疲れる、目の奥が痛い感じがする、頭痛が続く、首や肩がこるなどの不調を感じていませんか?パソコン使用の長時間化、 携帯電話の普及などによりVDT症候群が増えています。VDTとはビジュアルディスプレイターミナルのことで、 VDT症候群とはコンピューターやテレビ画面、携帯電話の液晶画面などのディスプレイを集中して長時間見続けることで発症する、 疲れ目や身体の不調のことをいいます。近年、このVDT症候群をはじめ、目の不調を感じる人が増えています。 VDT症候群の要因は様々であり、いくつかの要因が複合的に絡み合って発症します。その要因をいくつかあげてみましょう。 疲れ目の要因として意外に多いのはドライアイです。長時間集中してPCモニターを見続けると、まばたきの回数が減り、 目が乾燥することによって、非常に疲れやすくなります。 また、モニターの位置はなるべく低くして、目線を下げることによって、涙液の蒸発を最大30%程度抑えることができます。 特にデスクトップ型のパソコンでモニターを目線の高さに置いているかたは、目が乾きやすく、疲れやすくなりますので要注意です。 また、メガネの度数は本来年齢や仕事の内容に応じて適切な度数を決めることが重要です。しかし、 多くの人は遠くが良く見えるように度数を合わせがちです。若いうちはそれでもいいのですが、 30代後半以降はピントをあわせる力(調節力)が低下しますので、遠くの見え方を優先したメガネでは、デスクワークの時に、 疲れやすくなりがちです。生活環境や仕事内容、年齢に応じた適度な視力矯正を眼科専門医に相談してみてください。

VDT症候群って何?

VDTとはビジュアルディスプレイターミナルのことで、VDT症候群とはコンピューターやテレビ画面、携帯電話の液晶画面などのディスプレイを集中して長時間見続けることで発症する、疲れ目や身体の不調のことをいいます。

VDT症候群ってどうしてなるの?

要因として多いのはドライアイです。長時間集中してPCモニターを見続けると、まばたきの回数が減り、目が乾燥することによって、非常に疲れやすくなります。また、モニターの位置はなるべく低くして、目線を下げることによって、涙液の蒸発を最大30%程度抑えることができます。特にデスクトップ型のパソコンでモニターを目線の高さに置いているかたは、目が乾きやすく、疲れやすくなりますので要注意です。

花粉症ってどんな病気?

花粉症とは、花粉によるアレルギー反応のことで、症状は主に目と鼻に現れます。免疫という防御機能が花粉(アレルゲン)に対して過剰に働き、花粉症の症状が出ます。花粉が飛ぶ時期は、2月から4月にかけてのスギ花粉が最も多く、全体の80%を占めています。

どんな症状が出るの?

  • 一般的な症状 目のかゆみ・充血・涙目・異物感などがあり、目の周りやまぶたがはれることもあります。目以外の症状として、くしゃみ・鼻汁・頭痛・咳などがあります。
  • こんな症状も? 上記の症状の他に、食欲不振・不眠・イライラ感・倦怠感・集中力低下などの精神神経症が出てくることもあります。

どんな治療をするの?

目の症状・鼻炎症状には、目薬・飲み薬・点鼻薬等で治療をします。花粉症の症状をおさえるためには自覚症状が出る前に、早期治療が大切です。 花粉が飛び始める2週間くらい前から治療を開始することにより、花粉症の症状を予防したり、期間中の症状を軽減することができます。薬を使用してすぐに治る訳ではないので、医師の指示に従って根気よく治療を受けることが大切です。

予防法まめ知識

  • 眼鏡やマスクの着用が効果的。
  • 目を洗うと傷をつけてしまう恐れがあるため、人口涙液等の点眼が有効。
  • 花粉が大量に飛ぶ日は洗濯物を部屋に干す。
  • 外から帰宅した際は衣服についた花粉を十分落としてからお家に入る 硝子体手術
もどる

医療機器について

光干渉断層計
Optovue フーリエドメインOCT RTVue-100

RTVue-100

光干渉断層計(OCT)は、眼底を三次元で画像化し網膜の断層を描きだす装置です。黄斑円孔、黄斑変性、中心性網脈絡膜症、緑内障の状態を調べる際に役立ちます。緑内障は視野に異常が出る前に、視神経の変化や網膜の神経節細胞が減少して網膜の一部分が薄くなることが分かってきており、緑内障の早期発見に有用な検査といわれています。

眼圧検査
Pascal Dynamic Contour Tonometer

Pascal Dynamic Contour Tonometer

眼圧とは眼球内の圧力です。眼圧計によっては角膜が薄い(レーシック後など)と低く測定され、厚いと高く測定されます。Pascal Dynamic Contour Tonometerは、角膜の厚みによる誤差をなくして測定することができる新しい眼圧計です。

視野検査
Humphrey視野計、Goldmann視野計

Humphrey視野計、Goldmann視野計

静的視野計測(Humphrey視野計)と動的視野計測(Goldmann視野計)があり、どちらも一点を注視した時に見える範囲を測定する検査です。静的視野は、結果を数値化する事により正常データや過去のデータと比較する事が可能です。動的視野の場合は、検査員が行うので患者様の様子を観察しながら検査を進める事ができ、高齢者や小児などにも行える検査です。

角膜内皮顕微鏡検査
トーメー EM3000

トーメー EM3000

角膜内皮細胞を撮影し、細胞密度などを解析することのできる検査です。角膜内皮は、角膜の透明性の保持に重要な役割を果たしていますが、一度減ると増えることはないとされています。加齢や眼疾患、コンタクトレンズの長期装用による低酸素状態などで角膜内皮細胞が減少します。角膜内皮顕微鏡検査は、こうした角膜内皮細胞の異常を知るのに必要な検査です。

角膜形状解析検査
トーメー SS-1000 CASIA

トーメー SS-1000 CASIA

同心円状の何本もの線を角膜に投影することにより、角膜の中央から周辺部までの形状を観察することができる検査です。早期の円錐角膜、コンタクトレンズ装用による角膜変形、角膜不正乱視などを見つけることができます。

眼底カメラ
ニデック AFC-210

ニデック AFC-210

眼底カメラとは眼底の網膜、視神経、血管などの状態を撮影するカメラです。眼底とは眼球の内面の部分を指し、眼疾患だけでなく高血圧、糖尿病や動脈硬化の診断にも役立ちます。

網膜レーザー光凝固ニデック
GYC-1000

GYC-1000

網膜裂孔、網膜円孔、糖尿病網膜症などの病気に対して、レーザー光を眼底に照射して熱凝固を行います。

超広角走査レーザー検眼鏡
Daytona

Daytona

通常の眼底カメラは撮影範囲が45度なのに比べ、Optosでは200度と広い範囲を1度に撮影することができます。それにより、眼底の80%以上の領域の撮影が可能となりました。また、造影剤を用いなくてもある程度の病変を撮影できます。

もどる

MCレンズについて

MCレンズとは?

MCレンズは、お子さんの近視進行を抑える為に特別に設計された、世界初のレンズです。長時間の細かい作業のピント調節など眼への負担を軽減し、手元作業時間の緊張を緩和します。

MCレンズが近視進行の抑制に効くのはなぜ?

近視の進行を左右する環境要素は手元での作業です。通常の状態において、近距離にあるものを見る場合、眼の筋肉を使ってピントを合わせようとします。この過程は“調節”と呼ばれています。
近距離を見る時に必要なこの“調節”を手助けすることで、近視の進行を抑制することが可能だと考えられています。この方法を取り入れたのがMCレンズです。

眼の断面図

▼遠くを見ているとき

イメージ

遠くを見ているときは筋肉(毛様体筋)が休んでいる状態です。

▼通常のレンズで近くを見るとき

イメージ

通常のレンズで近くを見ると、大きな“調節”をすることになり、眼に大きな負担がかかります。

▼MCレンズで近くを見るとき

イメージ

MCレンズで近くを見ると“調節”が助けられ過度な負担を軽減することがでできます。

MCレンズは近視進行の抑制に一定の効果がある事が実証されています。

MCレンズによる近視進行抑制は、科学的エビデンスによって効果が指示される近視進行抑制方の一つです。
MCレンズを使用した近視進行の抑制の実証研究が4年間にわたって岡山大学眼科で行われました。
その結果、通常の単焦点眼鏡に比べてMCレンズの方が15%近視の抑制に有効であったと結論づけられました。

MCレンズの仕組み

遠くを見る部分:遠くがはっきり自然に見えるので、1日中無理なく掛け続けることができます。 / 近くを見る部分:手元作業を行う場合は、眼への過度な負担を軽減し近視の進行を抑制することができます。

MCレンズご使用の目安

7歳頃を目安に近視が進行し始めたら装用を開始して下さい。
一度進行した近視は治りにくいので、早期発見・早期抑制が大切です。
近視の急速な進行は成長期と重なります。7歳頃から始めて、18歳頃までは抑制を続けましょう。

近視の原因は?

近視は遺伝子と環境要素の両方の組み合わせによって起こります。
近視を引き起こす主な環境要素となっているのが、「長時間の近方視」です。
「近方視」とは、読み書きしたり、携帯型ゲーム機を使用したりする時、近くにピントを合わせることを言います。。

もどる

お子様の近視進行を抑制するための目薬 マイオピン(低濃度アトロピン)

近視の進行を抑える目薬をご存知ですか?

当院では、アトロピンというお薬を1日1回点眼することによって近視の進行を抑制する治療を行っております。治療には低濃度アトロピン(マイオピン)を使用します。
この点眼薬は、アトロピンを0.01%配合させた点眼薬で、Singapore National Eye Centre(SNEC:シンガポール国立眼科センター)の研究に基づいて開発されたものです。

1

近視の進行を抑制することが大切な理由

子どもの近視は、主に眼球が楕円形に伸びてしまう(眼軸長が伸びる)ことで、ピント位置がずれることにより生じるケースが多くあります。近くで見ることが習慣化してしまうと近視になりやすく、一度眼軸長が伸びてしまうと戻ることがありません。そのために眼軸長の伸びを抑えることが、近視の進行を抑制するためには重要となります。
低濃度アトロピン(マイオピン)には眼軸長を伸展させる働きに関連するムスカリン受容体をブロックする効能があると言われています。

軸性近視

マイオピン点眼薬が選ばれる理由

マイオピン(アトロピン配合)点眼薬は、近視の進行を遅らせる(眼軸長の進展を抑制する)という点で統計的にも臨床的にも有意義な効果が確認されている唯一の治療法です。
アトロピン1%は1960年から、すでに近視治療用に使用され続けていますが、アトロピン1%は下記のような不快な副作用を起こします。

  1. 瞳孔がひらき続けることによる、まぶしさと強い光による不快感や目の痛み
  2. 目の調節機能(手元を見る作業)が低下し、近くの物がぼやけて見え、読み書き等近くを見る必要がある作業が困難になる
  3. アレルギー性結膜炎及び皮膚炎

マイオピンは、低濃度(0.01%)のアトロピンを点眼することにより、近視の進行スピードを効果的に抑えると同時にアトロピン1%点眼薬のような不快な副作用を回避します。

マイオピンの安全性

シンガポール国立眼科センター(SNEC)のアトロピン0.01%の効能・効果及び安全性の研究
(点眼を2年間継続した後によるもの)では以下のように報告されています。

  1. アレルギー性結膜炎及び皮膚炎の報告はありませんでした。
  2. 眼圧(IOP:Intraocular eye pressure)に影響を与えないとの報告でした。
  3. 白内障を形成するとの報告はありませんでした。
  4. 点眼終了後も目の遠近調節機能の低下、また瞳孔がひらき続けてしまうという報告はありませんでした。
  5. 電気生理学上、網膜機能に影響を与えるという報告はありませんでした。

マイオピンの特徴

  • 副作用がほぼ皆無の近視抑制薬です。
  • 近視の進行を平均60%軽減させると言われています。
  • 日中の光のまぶしさに影響を及ぼさないため、サングラスもほぼ不要です。
  • 目の遠近調節機能(手元を見る作業)に殆ど影響を与えません。
  • 近見視力の低下に殆ど影響を与えず、更に累進屈折眼鏡も不要です。
  • 毎日就寝前に1滴点眼するだけの、非常に簡単な治療法です。
  • 目薬(1本5㎖)は両眼用で1カ月の使い切りです。
  • 点眼薬はGMP(医薬品製造管理および品質管理基準)準拠の工場で製造されています。

詳しくは医師またはスタッフにお問い合わせください。

もどる