グラッシュビスタ®
この薬は、上まつ毛の長さ、豊かさ(太さ)、濃さを改善する外用薬です。
ただし、発毛可能な毛包(もうほう)が存在しない場合には本来の効果が得られないことがあります。
この薬は、睫毛貧毛症(しょうもうひんもうしょう)の患者に処方されます。
睫毛貧毛症とは、まつ毛が不足していたり、不十分であったりすることです。

承認品は「グラッシュビスタ®」だけです

グラッシュビスタ®は、米国ではFDA注1)の承認により2009年から睫毛貧毛症治療(まつ毛貧毛症治療)に
使われており、2013年10月の時点で世界23ヵ国で承認され、多くの方々に使用されている医療用医薬品です。

日本では2014年3月に厚生労働省によって製造販売が承認され、同年9月から使用できるようになりました注2)。2015年12月の時点で、「グラッシュビスタ®外用液剤 0.03%5mL」は国内初・唯一の睫毛貧毛症治療薬(まつ毛貧毛症治療薬)として製造販売承認を受けた製品であり、主要成分であるビマトプロスト(Prostaglandin F2α誘導体)の作用によりまつ毛が不十分であったり、不足している患者さんのまつ毛の「長さ」、「太さ」、「濃さ」を改善することが臨床試験で認められています。

承認品のメリットは?

承認品である「グラッシュビスタ®外用液剤 0.03%5mL」が原因で発生した副作用などの健康被害は、
医薬品副作用被害救済制度という公的な制度や、製造物責任法の対象となり、救済給付を受けることのできる体制があります。これらの制度や法律は、国内で製造販売承認を得ていない医薬品には適用されません。

効果は?

日本人での臨床試験において、特発性睫毛貧毛症及びがん化学療法による睫毛貧毛症の成人患者にこの薬を4ヵ月間使用した結果、それぞれの患者において、評価スケール(GEA-J)*で1段階以上の改善が77.3%(68/88例)、及び88.9%(16/18例)の割合で認められました

<効果が認められた代表例>

使用前 4か月後

この薬は使用を中止すると徐々に薬を使用する前のまつ毛の状態に戻ります。

使用方法

STEP 1ご使用前に
STEP 1

グラッシュビスタ®は、夜、メイク落としと洗顔を済ませて清潔な状態にしてから使用します。
コンタクトレンズは外してください。再装着は、本剤塗布15分以上経過後に行ってください。
下まぶたに塗布したり、直接眼に点眼しないでください。

STEP 2ブラシの準備
STEP 2

ブラシを容器から取り出します。ブラシの毛先には触らないようにしてください(必ず専用のブラシをお使いください)。
ブラシを水平に持ち、ブラシの毛先部分にグラッシュビスタ®
1滴落とし、染み込ませます。

STEP 3まつ毛の生え際へブラシで塗る
STEP 3

滴下後直ぐに、ブラシを使って、上まつ毛の生え際の部分を、目頭から目尻の方向へ丁寧に塗ります。下まつ毛には塗らないでください。
塗る時には、液が目の中に入らないように、下まぶたにつかないように気をつけてください。
塗布回数を増やしてもまつ毛の成長は促進されないので、1日1回を超えて塗布しないでください。

STEP 4生え際以外についた液をふき取る
STEP 4

液が上まつ毛の生え際以外についた場合は、コットンやティッシュなどですぐに薬液をふき取るか、洗い流してください。

STEP 5ブラシを捨てる
STEP 5

片方のまつ毛を塗り終えたら、その都度使用したブラシは捨てて、再使用しないでください。

片方を塗り終えたら、新しいブラシを容器から取り出し、もう片方の上まつ毛にも、先ほどと同じようにグラッシュビスタ®を塗ります。

出典:グラッシュビスタ®患者様向け適正使用ガイド

副作用は?

重大な副作用 主な自覚症状

虹彩色素過剰(こうさいしきそかじょう)

使用前

黒目(虹彩)の色が濃くなる
<この副作用は日本人を対象とした臨床試験では報告されていない>

使用後・発症例

眼瞼溝深化(がんけんこうしんか)

使用前

まぶたがくぼむ
<この副作用は日本人を対象とした臨床試験では報告されていない>

使用後・発症例

その他、重大な副作用ではありませんが、眼瞼色素沈着(がんけんしきそちんちゃく)があらわれることがあります(眼の周りが黒ずむなどの症状があります)。
このような自覚症状が持続する場合にはただちに受診してください。

使用前 使用後・発症例

出典:グラッシュビスタ®患者様向け適正使用ガイド

グラッシュビスタは自由診療となっております。詳しくはスタッフにお尋ね下さい。